ホテルでのトラブル体験談

37歳 女性の話「旅行の計画ではついついどこに足を伸ばすか」

旅行の計画ではついついどこに足を伸ばすか、限られた時間を有効につかうために交通の便をどう図るかに注意が向きがちですが、意外と選び方をまちがってはいけないのが宿泊するホテルですね。
とくに学生や若者で安く旅行を楽しみたい場合、どうしても費用を削減しようと思って低価格帯のホテルを選びがちになります。海外旅行の達人だった友人によりますと、海外ではホテルは三ツ星以上のホテルを選んだほうがよく、さもなければその国にいる友人知人の自宅に泊めてもらったほうがいい、とのことでした。
先進国のホテルであっても、安いホテルだと、シャワーが水しか出ないなんてこともあるそうです。

私も学生時代に旅行や就職活動で上京したときには、ホテルを利用しました。
東京でとくにお世話になったのが、一泊三千円ほどの素泊まりビジネスホテル。こういったタイプのホテルは、オートロックではありませんので部屋の鍵を忘れて締め出されるなんてことはありません。
ただし、玄関から締め出されてしまったことがあるんです。
部屋に荷物を置いたまま、夕食の買い出しに行ったものの、ついつい長居して夜遅くなってしまったら、玄関の扉を閉錠されてしまったんですね。ホテルというのは、小規模であっても二十四時間フロントが起きているものだと思っていましたので、ふつうの民家のような扱いでいささかびっくりしました。
オーナーさんが眠そうな顔で中にいれて下さったのですが、申し訳なく、次の日、お土産を渡して退室しました。

Copyright (C)2017ホテルでのトラブル体験談.All rights reserved.